外付けhddの復旧率を高めるための方法|IT博士

パソコン

してはいけない行為

HDD

外付けhddが故障して場合は、専門業者に任せましょう。知識がないまま闇雲に復旧しようと試みるのは、あまり賢明とは言えません。特に注意しておきたいのが、データを復旧できないからといって、何度もパソコンの電源をオンオフさせることです。パソコンの電源を音にすると、hddにもアクセスすることになります。そのため、hdd内のプラッターの障害箇所がヘッドに移動して、損傷が深くなることもあるのです。また、hddの障害のレベルがどれぐらいかわからない状態でツールを使用するのも避けるべき行為です。記憶媒体を確認するために、ツールを使用する方は多いですが、障害が重いとツールを使用するだけで、状態が悪化したり、データ普及できなくなったりしてしまうのです。このような行動は、安易にやってしまいがちですが、復旧率を下げてしまう原因になるのでやるべきはありません。

外付けhddが故障した場合は、まず専門業者に電話をして問い合わせてみると良いでしょう。ホームページからメール相談をすることも可能ですが、メールでは返答までに時間がかかってしまいます。電話なら、すぐに料金やサービス内容を確認できますし、相談もできます。ですから緊急時には電話で問い合わせたほうが便利です。専門業者によっては土日や祝祭日には対応してくれないことがあります。データ復旧はスピードが大切なので、土日や祝祭日にも対応しているかどうか確認しておくことが大切です。

データ破損の原因

PC

OSやソフトウェアのバグ、記録メディアの異常などデータが破損する原因はさまざまあります。データ復元に詳しい専門業者なら、原因をすぐに見つけて復元してくれます。早めに専門業者に依頼すれば、復元できる確率も高くなります。

読んでみよう

法人向けの活用

PC

企業でオンラインストレージを使用するなら、セキュリティ力が高い法人向けを使うべきです。法人向けのオンラインストレージなら、突然の災害や停電でも、データを失うことはありません。

読んでみよう

利便性とセキュリティ力

HDD

ファイル転送サービスは、利便性とセキュリティ力の両方に満足できるので、企業でも安全に使うことができます。大容量の映像ファイルなども転送できるので、今までメールで送れなかったデータも送信できるようになります。

読んでみよう