データ破損の原因 | 外付けhddの復旧率を高めるための方法|IT博士

外付けhddの復旧率を高めるための方法|IT博士

HDD

データ破損の原因

PC

データやファイルが破損してしまうと、ファイルを読み込むことができずに、データを正常に開けなくなってしまいます。専門業者に依頼すれば、データ復元してもらうことが可能です。原因によっては自社で改善できる可能性もあるので、まずは原因を調べてみることが大切です。データやファイルが破損する原因の1つが、OSやソフトウェアのバグです。新しいOSやソフトウェアは、さまざまなバグを持っていることが多いです。データが破損してしまうほどの大きなバグは珍しいのですが、可能性は0%ではないので注意しましょう。記録型光学メディア、シリコンメディアなどの異常が、データ破損の原因になることもあります。HDDの場合は、磁気によってアクセスしているので、磁石を近づけてしまうと、データが飛んでしまいます。

データを破損した原因がわからない、自分でデータ復元できないという場合は、専門業者に依頼すべきです。闇雲にデータ復元しようとしてしまうと、悪化してしまう恐れがあります。専門業者なら、素早く原因を見つけて、的確に対策をしてくれます。企業の大切なデータを復元したい場合は、なるべく早く専門業者に依頼したほうが良いでしょう。パソコンは、一時ファイルとして保存される仕組みになっているので、早めに対策をすれば、データ復元できる可能性が高いのです。安全にデータ復元をしてくれる専門業者ですが、安価には、ぼったくり価格を請求したりHDDに傷をつけたりする悪徳な業者もいるので、業者選びする際は注意すべきです。